未分類

スタディサプリTOEIC「英文法」はどうやって勉強するの?文法が苦手でも大丈夫?TOEIC915点ホルダーが利用した感想をまとめます

「今年こそTOEICで目標スコアを取りたい!」

そんな人たちにとって大きな悩みの種となるのが「英文法」ですよね。

「英文法はよく分からないから諦めてる」「TOEICの勉強がしたいのに英文法なんて必要?」なんて思っている人も中にはいるかもしれません。

苦手意識がある人の多い英文法ですが、実はスタディサプリTOEICでは文法の対策をしたい人たちのために「1から英文法を学べる」コンテンツが入っているのです。

ここでは、スタディサプリTOEICで英文法の力をグッと上げる方法や英文法の重要性をお伝えしていきます。

スタディサプリTOEICの「英文法」ではどんな勉強ができるの?

TOEICで高い点数を取るためには、「正しい文法の理解」が欠かせません。

「TOEICはテクニックや暗記ではない」とTOEIC講座のメイン講師である関先生は断言した上で「論理的な解き方」を教えてくれます。

スタサプTOEICはコース全体を通して「英文法の理解ができるアプリ」になっています。

レッスンの多くが5分程度で構成されているので、苦手意識のある人にとってもとっつきやすくなっています。スキマ時間で復習もしやすいので非常に高い人気を得ています。

スタディサプリTOEICの「英文法」を簡単に説明します

一言で「英文法」といっても、理解度は人それぞれですよね?

スタサプTOEICでは「英文法がある程度分かる人」と「英文法が全く分からない人」用にコンテンツが用意されています。

自分の理解度に合わせた学習ができる上に、問題演習や動画講義は何度でも復習できるので、自分のペースで着実に文法力を上げることができます。

スタディサプリTOEICでできる英文法の勉強とは?

スタサプTOEICのコンテンツで英文法の勉強ができるのは「パーフェクト講義‐英文法編」「パーフェクト講義」「実践問題集」そして「基礎講座」の中の「基礎英文法」です。

このうち「英文法の強化」に特化したものが「パーフェクト講義‐英文法編」「基礎英文法」です。

「パーフェクト講義‐英文法編」(全53レッスン) -単元ごとに文法を学べる

「英文法を忘れてしまっている」「ある程度は理解できるけど、苦手なところもある」という人に特におススメなのがこのコンテンツです。

「パーフェクト講義‐英文法編」では以下の17項目について問題を解きながら解説動画で理解を深めることができます。

時制・仮定法・助動詞・不定詞・動名詞・分詞・受動態・関係詞・比較・冠詞、名詞・名詞・代名詞・形容詞・副詞、語法・前置詞・接続詞・文型、語法

例えば【比較】であれば、「原級(as~as)を使った表現」「比較の表現」「比較級・最上級を使った表現」など、パターン別に学ぶことができるので「それを知りたかった!」というポイントを学ぶことができるようになっています。

〈パーフェクト講義‐英文法編のポイント〉

  • 文法項目ごとに学べるので苦手分野の克服がしやすい
  • 「〇〇の概念」という、品詞や文法事項の定義や働きの特徴が分かる
  • チェック問題→解説講義動画→問題演習で理解が深まる
  • 「確認テスト」で理解度を再確認できる

「パーフェクト講義」(全150レッスン)-TOEICのパートごと、パターン別に文法を学べる

スタサプTOEICのメインとも言えるコンテンツがこの「パーフェクト講義」です。名前の通りTOEIC対策をパーフェクトにするための要素が盛りだくさんになっています。

パートにより内容は異なりますが大まかには以下のようになっています。

  • リスニングパート(Part1~Part4)・・例題/問題演習→動画講義→単語・イディオムチェック→ディクテーション→シャドーイング
  • リーディングパート(Part5~Part7)・・問題演習→単語・イディオムチェック→本文チェック→スピード音読

TOEICは7つのパートに分かれたテストです。「パーフェクト講義」ではPart1対策からPart7対策までに分かれており、パートごとに様々なパターンの問題を解くことができます。

動画講義では間違えやすいポイントやTOEICで狙われるパターンを重点的に説明してくれます。

また「パーフェクト講義」の問題はリスニングパート(Part1~Part4)の全問題の「ディクテーション」「シャドーイング」の練習ができることも大きなポイントです。

  • ディクテーション:聞こえた英語を正確に書きとる練習
  • シャドーイング:聞こえてくる英語を追いかけるように声に出す練習

この、ディクテーションとシャドーイングの練習によって「なんとなく」聞き取りをしていた英文を「正確に聞きとる」力がつくようになります。

〈パーフェクト講義のポイント〉

  • TOEICのパートごとに出る問題の傾向を知り、学習の方法を学ぶことができる
  • それぞれの問題で注意すべき点、TOEICテスト全体についての「心構え」も学べる
  • TOEIC満点の有名カリスマ講師による卓越した動画講義でTOEICの真髄が分かる
  • シャドーイング、ディクテーションで「リスニング力」が確実に上がる

「基礎講座」―学習初心者、文法が苦手な人のための英文法基礎講座

文法の初歩的なことから学びたい人、学生時代に英文法を全く勉強しなかった人には「基礎講座」からの勉強をおすすめします。

基礎講座で学べる項目は次のとおりです。

文の成り立ち・名詞・形容詞・副詞・前置詞・接続詞・動詞・時制・助動詞・能動態と受動態・不定詞・動名詞・分詞・代名詞・比較・関係詞・仮定法・文型

TOEIC講座のメイン講師とは別の講師が動画講義で基本的な英文法について丁寧に解説をしてくれます。イラストや図を用いた解説なので、ノートを取りながら勉強するのも良いかもしれません。

〈基礎講座のポイント〉

  • 「基礎英文法」では項目別に英文法を1から学ぶことができる
  • 「チェック問題→解説講義(動画)→問題演習」のサイクルで理解を深められる
  • イラスト付きなので、理解がしやすい
  • 「基礎英単語」では基本英単語1,000語以上のトレーニングもできる

「実践問題集/実践問題集NEXT」-正答率の低い問題の対策を動画講義で学べる

TOEICのテストと同じ形式の問題が20回分(実践問題集10回分、NEXT10回分)入った充実のコンテンツです。

別売りのテキストを購入した場合は、まず2時間で1回分を通して解答した後に、解答と動画講義で復習すると、より実践的な使い方ができます。

動画講義は全ての問題に対応しているわけではありませんが、正答率の低い問題や注意が必要な問題についてしっかりと解説をしてくれます。

また、パーフェクト講義と同様にディクテーションとシャドーイングの練習もしっかりできるコンテンツになっています。

〈実践問題集/NEXTのポイント〉

  • 実際のTOEICテストと同じ形式で20回分の対策ができる
  • 問題ごとに単語・イディオムチェックができるので語彙が増えていく
  • 間違った問題も「復習機能」で簡単に復習ができる
  • テキストと併せて利用すると得点効率は更にアップ

TOEIC対策に英文法ってそんなに必要?必要です!

TOEICのスコアアップを目標としている人の中には「文法は後回しでもいい」という人もいるかもしれません。けれど、高得点を狙う場合は特に英文法の知識、正しい理解は絶対に欠かすことができません。

どうして英文法の勉強が必要なのか?

私たちが日本語の「てにをは」といった助詞を間違えないように、小さな子供であれば自然に身に付く文法ですが、大人になってから外国語を学ぶ場合は文法を「論理的」に学ぶ必要が出てきます。

英文を正確に読む(聞く)ためには、正しい文法の知識が絶対に必要になります。

逆に考えると、正しい文法の知識さえあれば、難しい英文であっても大まかな筋が読めるということになります。

文法は文の要!

英語と日本語は文の構造が大きく異なります。語順はもちろん、冠詞や単数・複数といった日本語には無い概念もあります。

まずは文の要素になる品詞の働きを正しく理解しましょう。分からない単語が出てきても基本的な文法の理解ができていればTOEICの問題も「カタチから解ける」場合があるのです。

TOEICで文法力が必要とされるのはPart5、6だけではありません

文法が苦手な人の中には「TOEICの文法なんてPart5と6でしか必要ないでしょ?」と思っている人が多い傾向にあります。

実は私自身そう思っていたのですが、英文法を真剣に勉強することでTOEICのスコアは飛躍的に伸びた経験があります。

文法の知識がぐらぐらだと「なんとなく解く」問題が多くなりますが文法を理解すると「確実に解ける」に変わるのを実感することができます。

そうなると英文法は「面白い」と感じられるようになってくるのです。

リスニングや長文でも英文法が分からないと得点に繋げられない

例えばPart1の「写真描写問題」の写真説明では「現在進行形」や「現在完了の受身」といった動作や状態を表す表現が頻出です。

英文法を理解していない場合は意味の違いを正しく捉えることができず、最初からミスをしてしまうのです。

Part3,4の「先読み」が必要とされるパートでも、短時間で先読みをするためには正確な文法の知識が欠かせません。

Part5では文法を理解していると瞬時に解ける問題もある

Part5,6では品詞の働きを知っていればすぐに解ける問題も出てきます。

1問に時間をかけられないTOEICの中で「あ、これは品詞の問題だ」とすぐに判断をして正答に結び付けられるのは大きなメリットとなります。

単語の量を増やしながら英文法を確実にすることでPart5,6は得点源にすることもできるのです。

TOEICに必要な英文法の知識は中3レベルまででほぼ問題無し

ここまでで、英文法が大切ということは分かっていただけたことでしょう。

「それでも英文法の勉強に時間をかけたくない」と思った人、安心してください。TOEIC対策に必要な英文法の知識は「中学3年生までで習った英文法」までで十分です。

「基本的な英文法を正確に理解する」ことが一番大切なポイントになることを覚えておいてくださいね。

スタディサプリTOEICで英文法を効果的に勉強するには?

ここからは「英文法が苦手な人」のためのスタサプTOEICの効果的な使い方について説明をしていきます。

パーフェクト講義・英文法編で苦手項目を克服しましょう

自分の苦手な項目が分かっている人は「パーフェクト講義‐英文法編」で苦手な単元のレッスンを重点的に学習していきましょう。「全体的に苦手」という人は初めから順に学習していくと良いでしょう。

「ある程度は英文法を理解しているけれど、自分の苦手な分野が分からない」という人は「パーフェクト講義」でパート別に問題を解き、間違った文法の項目のみを「文法編」で集中的に学ぶと良いでしょう。

動画講義は、理解できるようになるまで何度も観ましょう

スタサプTOEICの良い点は「何度でも動画講義が聞けること」です。

理解したつもりでも時間を置くと忘れてしまうことはありますが、2回、3回と動画講義を聞くことで「あぁ、そうだった」と理解が深まるのです。

じっくりと学習をした後は、通勤・通学などの移動中やスキマ時間に復習をしてみましょう。

スタディサプリTOEICの英文法は動画講義のレベルが非常に高い!

スタサプTOEICの動画講義は「〇〇ときたら、こう解け!」といった小手先のテクニックではなく「英文をきちんと読む」ことに重きを置き、「きちんと解く」ことを非常に重視する内容になっています。

TOEIC対策だけではなく「英文法の勉強をしたい人」にも十分おススメできる濃い内容の講義になっています。

スタディサプリTOEICの動画講義を担当する「関先生」って?

「神動画」とまで言われる講義を展開するスタサプTOEICの講師は、TOEIC界のカリスマとも呼ばれる「関正生」先生です。

「世界一分かりやすい」シリーズを初めとする数多くの英語参考書で非常に高い評価を得ており、予備校の講師としても高い指導力に定評のある実力派の講師です。

解説は簡潔で分かりやすいだけでなく、ユーモアもあるので、実際に授業を受けているような感覚になります。

関先生の動画講義では文法だけではなく、語源や音の繋がりも学べる

カリスマ講師である関先生の動画講義では、パートごと、問題パターンごとの解法を学べるだけではありません。

一つの単語の捉え方やイメージを言葉の語源から学ぶことができるのです。そのことによってTOEICが大好きな「多義語」にも強くなっていくのです。

また、ネイティブの発する単語の「音の聞こえ方」についても動画講義で解説をしてくれます。

訛りによって違う聞こえ方も具体的に知ることができるので、リスニングが苦手な人も「注意するべきポイント」が掴めるようになります。

スタディサプリTOEICで英文法を学ぶには別売りテキストを購入するのもおススメ

英文法の学習は、机の上で構文を取り(S,Vなどの文の要素に分ける)訳をする練習が欠かせません。そしてスタディサプリTOEICの別売りテキストはその勉強をするのにピッタリです。

紙の教材で勉強するメリット

テキストで勉強をするということは、書き込みをしたり、自分で考えて調べながら訳をすることができます。自分の手で書くという行為は記憶にも定着がしやすいので「書く」ことによって曖昧なポイントが明確になり、より正確な理解ができるようになります。

もちろん「場所を選ぶ」「かさばる」というデメリットはありますので、紙のテキストとアプリを上手に併用することが大事です。

英文法が本当に苦手な人は文法書を用意しましょう

「文法書」と聞くだけで苦手意識を持つ人もいるかもしれません。けれどもここで言う文法書は「中3レベルまでの文法書」です。大学受験などの本格的な文法書は必要ありません。

動画講義だけでは分かった「つもり」になりがち

スタディサプリTOEICではビギナーであっても英文法を勉強できるコンテンツ(基礎英文法)があります。動画講義を見ていると「分かった!」という気分になりますが、文法の理解は、自分で完全に理解して様々な問題に触れることで初めて完璧になります。

自分に合った英文法の参考書で学びながらスタディサプリTOEICを進めるのもアリ

まずは書店で英文法の参考書を見ながら「説明書きがしっくりくるもの」「厚くないもの」「中学3年生までのレベルのもの」を選んでみましょう。

身の丈に合わない本格的な文法書を買ってしまうと、専門用語の羅列、細かい法則で投げ出すことになってしまうかもしれません。

ある程度の理解はできるという人は「パーフェクト講義‐英文法編」で単元の学習をしながら、理解の弱いところだけを参考書で学びなおすのも良いでしょう。

目指すレベルは『中3までの英文法の理解を完璧にする』

TOEICの対策をする人たちは、難しい文法用語や特殊な英文法の使い方を覚える必要はありません。「文の要素(主語、述語など)」や「品詞(名詞、動詞、形容詞、副詞)の働き」を正しく理解しましょう。

英文法を理解する上で基本的な文法用語(不定詞、分詞、仮定法など)とその働きの理解は最低限必要になります。

『基礎英文法』ではイラスト付きで丁寧な解説がされるので、参考書と併用して動画講義を見ながら学習をすると理解が深まるでしょう。

その後の「問題演習」で理解の確認をするのも忘れないで下さいね。

まとめ

英文法が分かるとTOEICの勉強は本当に面白くなってきます。

私自身、文法が大嫌いで長年避けていましたが諦めて勉強をしたところ、英文法の理解度が上がったタイミングでTOEICも900を超えるようになりました。

そして、正しい英文法の理解は英語学習には欠かせないということを身をもって学びました。スタディサプリTOEICは英文法を勉強したい人にもピッタリのアプリです。

7日間は無料で利用ができるので、今までTOEICの勉強で苦戦していた人にはぜひ試してみて「英語っておもしろい!」ということを感じていただければ幸いです。

TOEICコースを申込むと「日常英会話コース」アプリも無料で使えるようになるので、迷っている人はぜひ試してくださいね!