未分類

スタディサプリTOEICを初心者が120%活用するための使い方を伝授!

TOEIC Test対策用アプリとして、「使えるヤツ」と、とにかく人気が高いスタディサプリTOEIC。

「短期間で300点もスコアがアップした」とか、「コンテンツの充実ぶりがすごい」などの高い評判は、TOEIC Testに真剣に取り組む方々の心を惹きつけます。

一方で、英語初級者や初心者の方々にとっては、華々しい評判が返ってとっつきにくさを感じさせ、しり込みをさせる理由のひとつになっているかもしれませんね。

何だか自分には遠い世界の話のようで、と感じている皆さんも安心してください。

今日は、TOEIC Testについて、スタディサプリTOEICについて、大解説。

一緒に、始めの一歩を踏み出しましょう!

TOEIC初心者がスタディサプリで勉強する前にまず知っておくこと

まずはスタディサプリTOEICで勉強するために大前提で知っておくとよいあれこれをご紹介します。

TOEICってどんなテスト?出題の特徴

英語初心者や初級者の皆さんの中には、TOEIC Testの存在は知っていても受けたことのない方や、経験はあるけれど、今ひとつ良く分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、TOEIC Testとは何ぞや?について、簡単にお話したいと思います。

1)一般に言う「TOEIC Test」とは「TOEIC L&R Test」のことである。

IIBCが主催するTOEICが提供するテストには以下の5種類があります。


5つの中で最も認知度が高く、受験生も圧倒的に多く、企業などにも英語力を測る基準として広く価値を認められているのが「TOEIC L&R Test」です。

したがって、もし但し書きがない状態でTOEICやTOEIC Testという場合は「TOEIC L&R Test」のことだと思って間違いありません。

2)国際的に一律な基準で英語力を客観的に測るテストである

TOEIC Testは日本だけで行われているテストではありません。

受験生は世界中に広く広がり、英語を母国語としない人々すべてが対象です。

語学力は元々ケースバイケースで評価されるものであり、平均化や数値化がなかなか難しいもの。

難しい部分に敢えて独自の基準を明確に設定し、国際的に一律な試験を課すことで数値化しようとするグローバル・スタンダードを設定したテストです。

3)実際に使われる英語力を測るテストである

TOEIC Testで測る英語力は、「学術語学」としての英語でも、受験英語でもありません。

毎日生活する中で起こりうるシチュエーションに対応した英語、つまり「日常英語」と「ビジネス英語」を対象とし、それぞれで「実際に使われる」表現や内容について理解し、グローバルなシーンで操ることが出来るかどうかを測ります。

4)TOEIC Testは独自の世界観の中で展開される

2)で見たように、元々一般的な基準を設定することが難しい語学を客観化するためには、ある程度割り切った基準設定が必要となります。

TOEIC Testは、「私たちが基準です」と言い切っている、いわば他を配慮しないテストです。

テストの出題内容、出題方法、解答方法などすべてがTOEIC独自のもの。

独特の世界観の中で展開されると言ってもいいかも知れません

TOEIC Testで自分の能力をいかんなく発揮し、高スコアをマークするためには、英語力を上げると同時にTOEIC Testの世界とリズムに慣れることが肝要となります。

5)集中力と反射神経、体力が鍵となるテスト

TOEIC Testは7つのパートに分かれており、それぞれ以下の能力が問われます。


以上、リスニングセクション、リーディングセクションの200問に2時間で解答します。

2時間と聞くと余裕があるように思えるかも知れませんが、とんでもありません。

TOEIC Testは、英語上級者でも場合によっては最後の設問までたどり着けなかったという声もめずらしくない、圧倒的に時間の余裕がないテストとしても知られています。

2時間を有効に使い切る集中力、問題をとっさに理解してリズミカルに解答する反射神経、そしてやりきる体力も問われるテストなのです。

参考: TOEIC公式サイト

上記の4)と5)は、英語力もさることながらTOEIC Testに浸り、対応するための「TOEIC脳」と「TOEIC力」が必要になります。

ここでスタディサプリENGLISH TOEIC対策講座(以降スタディサプリTOEICと表記)が満を持して登場!

スタディサプリTOEICは、「TOEIC脳」を鍛え、「TOEIC力」をつけるトレーニングマシンともいえるアプリなのです。

スタディサプリTOEICの特徴

スタディサプリTOEICは、TOEIC Testに適した脳を作り、対応力を強化するのにぴったり、とお話しましたが、具体的にはどういったアプリなのでしょうか?

スタディサプリTOEICとは?

まずはスタディサプリ TOEICの姿について簡単にご説明します。

1)英語学習用アプリ、「スタディサプリENGLISH」の中のコースの一つである

まず、リクルート社が出している「スタディサプリ」という、小学生から高校、大学生、社会人まで、様々なユーザーの多様なニーズに対応する学習用総合アプリがあります。

「スタディサプリ ENGLISH」は「スタディサプリ」内の英語専用学習アプリ。

「スタディサプリ ENGLISH」はさらに3つのコース:「日常英会話」、「ビジネス英語」、そして今回扱っている「TOEIC対策講座(スタディサプリTOEIC)」に分かれています。

2) スタディサプリTOEICには、「ベーシックプラン」と「パーソナルコーチプラン」の2つのプランがある

スタディサプリTOEICには、2つのプランがあります。

「ベーシックプラン」は完全自習用のアプリで、アプリに従って学習を進めることでTOEIC Testで高スコアを取れるように構成されています。

「パーソナルコーチプラン」については後ほど詳しくご説明しますが、名前通り受講生ひとり一人に専属コーチがついて、学習のプランからスケジュール管理、モチベーション維持への協力、アドバイスや助言などをくれる特別なコース。

「ベーシックプラン」は、スタディサプリTOEICで学習をする受講生のほとんどが選択している人気のコースで、アプリについての評判や口コミなどはほとんどが「ベーシックプラン」についてのものです。

スタディサプリTOEIC「ベーシックプラン」では何が学べる?カリキュラムは?

では、一番人気の「ベーシックプラン」で具体的に何が学べるのでしょうか?

アプリのコンテンツと内容を見て行きましょう。

1) パーフェクト講義:

TOEIC Test Part1からPart7までの各パートに沿った学習内容構成になっています。

まず、それぞれのパートに出題されそうなテスト問題(チェック問題)が出題され、受講生は問題に答えることで今現在の自分の英語力をチェック。

出された問題についての解答・解説を確認した後は、扱われた内容について「カリスマ講師」の呼び声が高い関正生先生が動画講義を通して解説してくれます。

受験生が間違えやすく、試験で引っかかりやすいポイントや重要な内容がしっかり押さえられる講義です。

動画講義に続くのが「ディクテーション」

ディクテーションとは、聞こえてくる英文を書き取って再現する学習方法です。

英文をそのまま聴き流すのではなく、頭の中で文字とフレーズで構築し、さらにタッピング(タイピング)して再構築することで、文章の成り立ちを目に見える形で把握するものです。

次に続くのは「シャドーイング」

聴こえて来た英文をひと呼吸おいて後から発音して追いかける学習方法で、聴こえたままを発声するのではなく、ひと呼吸置くことで再構築の度合いが高くなります。

2) 実戦問題集/実戦問題集NEXT

「実戦」という名の通り、実際のTOEIC Testと同じボリュームの200問が、同じように7つのパートごとに分けられて出題されるコンテンツです。

「実戦問題集」の括りで10冊分、そして「実戦問題集NEXST」の区切りでさらに10冊分の計20冊、合計4000問を、本番さながらに学習(練習)できるアプリ版模擬テスト。

特筆すべきは、すべての問題が、構成も含めTOEICを研究・分析しつくした編成チームによって出題傾向の高い内容を主にして作成されている点でしょう。

「TOEIC公式模擬試験問題集よりも公式らしい」との声も聞かれるほどです。

出題傾向の高い内容に加え、中上級者を含め受験生が間違いやすい問題にもフォーカスしているため、スコアアップを図れる問題に効率的かつしっかり取り組むことが出来ます。

問題を解いて解説を読んで学ぶだけであれば、他のテキストやアプリでも対応していますが、スタディサプリTOEICはさらに一歩踏み込んだサービスが秀逸。

解答・解説の後には、必要に応じて関先生の動画講義が続き、さらに問題に関係したディクテーションやシャドーイングで実戦で学んだ内容を実践して落とし込みます。

さらに、関連する単語やイディオム表現のトレーニング、本文自体の再チェックなどが続いて、問題を「やってみた」を「やりきった」に変化させます。

3) TEPPAN英単語:

英単語の数はそれこそ無限のようですが、TOEICが好んで出題する単語というものがあります。

「TOEIC 頻出英単語」を学ぶテキストやアプリは数あれど、スタディサプリTOEICでは、リクルート社と関正生先生による編成チームが吟味に吟味を重ねて選んだ頻出単語を効率よく学べます。

英語初心者や初級者の方々にとって、精神的なハードルのひとつが、山のように学ばなければならない、と思われる英単語ではないでしょうか?

スタディサプリTOEICが選んだ頻出単語は1500単語。

1500語って少なくない?そんな感想をお持ちかも知れませんが、大丈夫です。

何と言っても、TEPPAN英単語を構成する1500の英単語は、実際のTOEIC Testに出ます。

特選英単語群は、受講生が取得したい目標のスコアによって以下の4つにグループ分け。

600点(1~750単語)、730点(751~1090単語)、860点(1091~1321単語)、990点(1321~1500単語)のグループから、受講生の目標に合わせてむだなく効率的に学習出来るしくみです。

TEPPAN英単語は、単語がクイズ形式で出題され合っていると思われる日本語の意味を4択からタップして選ぶ楽しいトレーニングですが、ここで大切なポイントは1単語の解答に10秒の時間制限があること。

実際のTOEIC Testは時間とのぎりぎり勝負、出て来た単語の意味をゆっくり思い出している暇はありません。

見た瞬間にさっと理解してすぐさま答えるスピードと反射神経が必要となります。

間違えた問題については、解答後に解説と復習が続きますが、よく使われる言い回しの例文や受講者からの声、関先生の返答などが提供され、単語をより具体的に身近に感じながら想定できるように工夫されています。

反射神経トレーニングと、英単語を身近に肌で覚える工夫の2つがTEPPAN英単語を特別な単語帳にしていると言えるでしょう。

4) パーフェクト講義(英文法編):

「パーフェクト講義」と同じ名前を冠していますが、ここでは英文法をじっくりと学ぶことが出来る「パーフェクト」なコンテンツです。

スタディサプリ TOEICはTOEIC Test対策に特化して作られているアプリですが、パーフェクト講義(英文法編)は少し性格を異にし、TOEIC Testのみならず、「The英文法」に焦点を当てたアプリともいえるほどです。

と言っても、チェック問題や演習などはやはりTOEIC Testを見据えて作られており、TOEIC Testを題材にして英文法をしっかり学ぶという何ともお得なコンテンツ。

構成は、まず英語文法を系統立てたグループに分けることで整理整頓し、項目ごとに的確に学んでいけるように工夫されています。

チェック問題で受講生に今現在での理解度を示し、関先生の動画講義でしっかりフォロー、そして問題演習によって、理解を確実なものと出来るように導きます。

グループごとで最後に確認テストが用意され、さらに大まとめとしての最終確認テストがあるなど、受講生に徹底して英文法を落としこみます。

以上、1)~4)までの4つのコンテンツが、スタディサプリ TOEICを特別なアプリにしている強力な「四天王」ですが、上級者を含む全てのレベルの受講生を対象にし、充実度が高い分、初級者には少々ハードルが高いと言うことも出来ます。

実際に、英語初心者の受講生から、スタディサプリTOEICで勉強をし始めたは良いものの、レベルが高くてついて行けないという声も聞かれていました。

そういった声に応える形で、2019年7月から登場したのが次のコンテンツです。

5) 基礎英文法:

中学校で学ぶ程度の英語の基礎を、約2週間の学習期間でひと通り終えることが出来るように構成された短期集中型のコンテンツ。

「基礎英文法」の動画講義は関先生以外の講師が担当していますが、教え方が丁寧で柔らかく、ゆっくりとしたテンポで展開されます。

初心者や初級者でも分かりやすい内容ととっつきやすい構成で英語への苦手意識を拭い去ってくれます。

柔らかいと同時に英語学習内容はしっかりとしており、必要不可欠な英文法項目にピンポイントでアプローチ、効率的に学習できるような工夫がそこかしこに。

さらに、ゆっくりとしたテンポでありながらも、基礎的レベルの中で最大限にスピーディーに問題に解答していくリズム感を養えるように構成されています。

スタディサプリTOEIC本編の学習方法をしっかり踏まえているため、本編の導入として理想的です。

本編の学習をするための基礎を築くと共に、アプリ自体に慣れるのにも最適。

初心者・初級者を対象にしながらも、初中級者で本編のスピード感や内容の厚みに今ひとつ慣れることが出来ないという受講生にも向いています。

ここで英文法の基礎を再確認しながら足元を固めることをお勧めします!

6) 1分クイズ:

最後のコンテンツは、閑話休題、英語のトリビアを1分間でさっと学べるコンテンツ。

英語にまつわる小さなトリビアのような問題がひとつ、簡単なクイズ形式で出題されます。

内容も難しくはなく、ゲーム感覚で気軽に楽しめますが、決してバカにしたものではありません。

英語上級者でも以外と知らない小粋な言い回しや、ネイティブが日常会話でさらっと使うような表現を学ぶことが出来ます。

ちょっとしたニュアンスのある言い回しは、日常会話にエッセンスを与えてくれるものですね。

小粒でぴりりとしたお役立ちな言い回しを学んで、英語のブラッシュアップをはかりましょう。


スタディサプリTOEICの利用料金

スタディサプリTOEICを利用するために料金はいくら位かかるのでしょうか?

1) 「ベーシックプラン」「パーソナルコーチプラン」の料金体系(すべて税抜)

まずは料金体系を見てみましょう。

① ベーシックプラン

ベーシックプランは、ひと月から申し込むことが可能で月額基本利用料は2,980円です。

学習期間を6か月および12か月でまとめることでお特になるパッケージがあります。


申し込み期間が長くなるほどより割引になる設定。

TOEIC Testを長期間で見据えてじっくり学習し、着実に高スコアへといたりたい思いが強い方は、パッケージを選ぶ方がお得です。

② パーソナルコーチプラン

パーソナルコーチプランは、受講生に専用の学習プランを立てたり、専用のスケジュールが策定されるため、ひと月単体での受講は出来ません。

3か月もしくは6か月のプログラムのどちらかの料金体系から選ぶことになります。


ベーシックプランと同様、長期間になればなるほどお得な料金設定がされていますので、やはり長期的に見て英語力を磨きたい、TOEIC Testをマスターしたい方は長めのプログラムで申し込むとよいでしょう。

パーソルコーチプランは料金だけ見ると安いとは言えないプランですが、自分専用の学習プランや専属コーチがついて導いてくれるなどのサービスや、学習効果や習熟のスピードなどを考えると決して法外な価格ではありません。

パーソナルコーチプランについては後ほど一緒に見て行きますので、気になる方は心にとどめておいてください。

2) 無料お試しやお得なキャンペーンがいろいろ!

「ベーシックプラン」「パーソナルコーチプラン」共に、実際の登録をするために7日間の「無料お試し」が提供されています。

また、期間限定で様々なキャンペーンが展開されており、料金がさらに割引になったりキャッシュバックがされたりなど、英語習得を目指す人が学習を始めやすい環境を用意。

気になる方はぜひサイトを小まめにチェックしてください。

参考: スタディサプリ TOEIC 公式サイト

初心者がTOEICの勉強を始めようとすると挫折する意外な落とし穴とは?

英語初心者・初級者にとって、英語の試験は受ける前から引け目を感じてしまいがち。

特にTOEIC Testのような独特のリズムを持つ試験を受けようとする場合には、ハードルの高さを感じても当たり前です。

ハードルを越えるためにはただ闇雲に挑戦しても効率的とは言えません。

まずはハードルの形はどんなものか、どれ位の高さがあるのかなどを具体的に知ることが大切です。

ひとつひとつ一緒に見て行きましょう。

TOEICの出題レベルが高い

先述の通り、TOEIC Testはすべてのレベルを対象に、日常生活やビジネスシーンで実際に使われている英語を対象にしています。

つまりTOEICで扱う英語はそれ自体、学術英語や専門英語などのように、「ものすごく」難しい内容ではありません。

一方で、受験生のレベルに配慮することなく一律の基準で英語力を測るため、簡単だったり易しかったりするわけでもありません。

少なくとも中学校で学ぶ程度の基礎的な英語力は身に着けていることが前提となります。

中学校レベルの英語力がおぼつかないという受験生にはTOEIC Testは出題レベルが高いテストということが出来るでしょう。

もし、自分の英語力が中学校を卒業できていないと感じるようであれば、まずはこの機会に基礎力をしっかりとつけましょう。

そうすれば次にTOEIC Testを受験する時には負荷が今よりも軽く感じるはずです。

まず、ひとつ、解決しましたね。

TOEICの出題形式に慣れていない

くり返しになりますが、TOEIC Testは唯我独尊、独特のリズムと世界観で展開されます。

受験生に「郷に入っては郷に従え」を求めてくるテストなのです。

英語中上級者でも慣れるまでは「途中棄権」で最後まで解答出来なかったり、特にリスニングセクションではうっかり簡単に何問か取りこぼしてしまうことがあるほど。

TOEIC Testで高スコアをマークするためには、英語力自体を磨くことももちろんですが、「TOEIC脳」を鍛え、「TOEIC力」をまとうことが肝要です。

990点の最高スコアをマークする最上級者は、呼吸するようにTOEIC Testに向かうことが出来る達人ばかりです。

最上級者の境地までは行かずとも、TOEICの出題形式にしっかりと慣れることが出来るようにトレーニングしましょう。

ふたつめ、方針を確認出来ました。

学習範囲が広すぎて絞れない

英語に限らず、言葉の学習には終わりはありません。

英語全体を対象にしようとしたら、学習範囲は広すぎて途方に暮れてしまうほどです。

ただ、試験という枠で区切れば、それぞれのテストに固有の区域が存在します。

つまり、TOEIC Testが独特であればあるほど、TOEIC Testが好む出題内容や傾向がしっかりと存在しているということ。

受験英語であれ、各種英語検定であれ、試験対策をする時には「頻出問題集」などで勉強しますね。

英語初心者に限らず、一般の受験生で、自分自身で頻出問題を分析したり、学習範囲を自力で探ることが出来る人は多くありません。

そもそもTOEIC対策用テキストやアプリなどの学習教材は、分析のプロフェッショナルたちが受験生に代わってTOEIC Testのための学習範囲を絞ってくれているものです。

自分で学習範囲を絞る必要はまったくなく、どんどん頼りましょう。

これで、効率的に学習範囲を絞る方法が見つかりました。

自分のレベルに合った学習方法で勉強していない

何事にも無理をして背伸びをしすぎることは良くありませんが、英語の勉強には特に良くありません。

自分のレベルより少し上の、ちょっと難しいかなと思う位の内容で学習することを勧める意見もありますが、あくまでも初中級以上からと私は考えています。

初心者・初級者の方々は残念ながら背伸び学習のレベルにはいたっていません。

まずは、基礎をしっかり固めることが肝要です。

むしろ、「そんなことは知っている」「ちょっと簡単かな」と思うような、自信を持って解答出来るところから始めましょう。

中学1年生の英語教科書の1ページから始めたっていいのです。

「分かる、分かる」と思いながら1ページごと進めていく内に、1冊のテキストが終了します。

つまり、中学校1年生で学ぶ英語はしっかり身に着けたということになります。

次は中学校2年生のテキストを始めましょう。

英文法の基礎固めには、中学校3年間で学ぶ中でも中学校2年生のテキストで学ぶ項目は、かなり重要な内容で、高校生以降で学ぶ英語の基礎にもなるものです。

効率邸に学ぶためには中学校1年生の内容を確実に押さえていることが大前提ですので、あやふやなままですぐに2年生のテキストから始めることはやめましょう。

中学校2年生のテキストを学びながら、スタディサプリTOEICの「基礎英文法」で併行して学習することも、両者に納得しながら強化し合いながら学習できるのでお勧めです。

自分を厳しい環境において行う高地トレーニングや加圧トレーニングは、耐えられる土台がしっかりしている人がやることです。

自分を知るというとても大切なことをお分かりいただけたと思います。

肩に力が入りすぎている

自分のレベルを自覚し、そこから目指すゴールを見やって道の遠さを知った時、多くの人が感じるのが大きな焦りではないでしょうか。

本当に自分に達成できるのか、という疑問は気持ちよいものではありませんね。

けれどここで焦りの中にどっぷりつかってしまってはいけません。

早計に「自分にはとても無理だ」と学習を放り出してしまうことも良くありませんが、「やらなければ!」とあれもこれもと詰め込んで、必死でオーバーワークになるのもまったく良くありません。

英語の学習は、英語を身につけたいと思っている以上ずっと続きます。

また、人間は集中できる時間や一定の期間で学べる量には限度があります。

焦って詰め込んでも、必ず抜け落ちて行きますし、疲れ果てて最終的に投げ出してしまったり、挫折した思いが残ってしまっては元の木阿弥です。

人はそれぞれライフスタイルもいろいろなら、リズムやペースもいろいろ。

他の人と比べることなく、自分らしい自然なリズムで、「ちょっとがんばる」程度で学習することです。

そして、一番大切なのは、楽しんで勉強することです。

英語の勉強は楽しいものですよ。

焦ることなく、自分のレベルを単なる現時点の事実でしかないと受け止めて、一歩一歩進みましょう。

はやる心を押さえて、確実に学習を進めることが大切だとお分かりいただけたと思います。

スタディサプリTOEIC対策コースは初心者にオススメの5つの理由

先述の通り、スタディサプリTOEICのコンテンツや学習内容は、「TEPPAN英単語」「基礎英文法」以外は原則としてすべてのレベルを対象にしているため、英語初心者・初級者をおもんばかって作られてはいません。

また、TOEIC Testのスピード感に対応するため、課せられるリズムはアップテンポで、慣れない内は何が何だか、という方もいると思います。

一方で、スタディサプリTOEICは英語初級者の英語学習にお勧め出来るアプリです。

一見矛盾しているように感じられるかも知れませんね。

学習の仕方によっては、スタディサプリTOEICは英語初心者・初級者の力強い味方になってくれます。

スタディサプリTOEICを味方につける方法についてご紹介したいと思います。

カリキュラム通りに進めていけば良い

スタディサプリTOEICは、構成内容、学習内容ともにTOEIC Testを徹底的に研究・分析していることは先にお話した通りですが、さらに、いつ、何を、どのような順番で学習すれば効率的かについてもしっかりと分析しています。

受講生が間違いやすい問題や引っかかりやすいポイントについて、「なぜなのか」をプロフェッショナルな視点でとらえて解説、間違いをおかさないためにはどうしたらいいかを的確に示してくれます。

アプリが示す通りの順番で、アプリの提供する内容に従って学習をすれば力がつくように構成されたカリキュラム。

自分なりの学習方法が確立していない英語初級者にとってはまさに心強い味方になってくれます。

スマホでもPCでも出来るので場所を選ばす、隙間時間を活用できる

英語の勉強をしようとテキストを探しに書店に行ったけれど、文字通り山のようにある書籍群を見るだけでうんざりして帰って来てしまった、そんな経験はありませんか?

初心者や初級者にとって、英語学習の最初の大きなハードルはまずは心理的な壁です。

たかが心の持ちよう、されど心の持ちよう。

スタディサプリTOEICは、テキストや英会話学校などにありがちな、「まとまった時間をとって、しっかり勉強しなきゃ」というプレッシャーを軽減してくれます。

わざわざ時間を取ることもなく、重いテキストを持ち運ぶ必要もなく、ちょっとしたすきま時間に、さっとスマホアプリを立ち上げて、ちょっとだけ勉強すればいいのです。

そして、また次に時間が見つかったらちょっとだけ勉強をする。

「ちょっとだけ」を繰り返すことで知らない間に「割とたくさん」勉強している、それがスタディサプリTOEICの特徴のひとつなのです。

カリスマ講師 関先生の講義が面白い!

「カリスマ講師」「熱血授業」「神講義」など、関正生先生の動画講義を称賛する言葉はいろいろありますが、関先生の授業は本当に面白いです。

ふざけたことを言ったり、ジョークを飛ばしたりというタイプの面白さはまったくありません。

むしろ淡々とそっけない位の態度で、そして早口でTOEICと英語について語る関先生の動画講義。

では何が面白いのでしょうか?

それは、講義を見ることによって、「英語が分かる」ようになることです。

テンポよく早口の解説が繰り広げられますが、英語の解説内容は驚くほどすっきりと頭の中に入ってきます。

そして解説の中でも特に重要なポイントでは、関先生の声のトーンや身振りで「ここが重要」とはっきりと分かるため、初級者でもポイントが何なのかがつかめます。

そもそも英語を勉強しようという動機を持った受講生にとって、「理解出来る喜び」は何にも勝るもの。

学習の上で一番大切な「面白さ」を初級者の内に経験出来ることはとても意味のあることです。

経験値として残り、実質的にも精神的にも今後の英語学習で大いに役に立ってくれるはずです。

もし、学習内容の難易度が高くて、一度見ただけで理解しきれない場合も大丈夫。

アプリですから、何度でもタップさえすれば、関先生はまた繰り返し教えてくれます。


飽きない工夫がされている

「TEPPAN 英単語」の4択クイズ形式や、間違えると「ブー」正答すると「ピンポン!」と鳴る音。



その他のコンテンツでも問題に答え、全問正答を達成するごとに聴こえてくるコインがしゃらしゃら落ちる音やファンファーレ。


解答までの時間制限でカウントダウンするタイマーは、目ではっきり見えることで時に焦りを引き出すこともありますが、ゲームに挑戦している感覚も生まれます。

今まで上げたものはほんの一部ですが、小さくても受講生の遊び心とチャレンジ精神をくすぐるものです。

文章で見るとそれほどの意味を見出せないかも知れませんが、実際に学習を始めてみると、アプリにうまく乗せられていることに気づいて思わず苦笑、なんてことも。

特に、初心者や初級者には、こうした遊び心は学習意欲を刺激して背中を押してくれるものです。

人の心理をうまく利用して飽きさせない工夫がさりげなく盛り込まれたアプリです。

誉めてくれる

スタディサプリTOEICで学習していると、とにかくアプリが誉めてくれることに気づきます。

設問に全問正答すると「パーフェクト!」、半分でも「ああ、惜しい!」、復習すると「復習して偉い」と、とにかく褒めてくれます。

セッションを終えると、よくがんばりましたね、と声をかけてくれて、アプリを閉じる時には「見て、今日はこれだけ勉強したよ、えらい」と。

すき間時間を重ねて少しずつを繰り返していると、自分は忘れてしまっているような短い時間であっても「成果」として目の前に見せて、そしてやはり「あなたはがんばっている」と言ってくれます。

飽きさせない工夫とも通じるところがありますが、小さなことのようで繰り返されると何だかじんわりと嬉しくなってくるもの。

そんな優しいアプリですので、初級者の方も安心して学習を進めることが出来ます。


【現在の英語レベル別】初心者がTOEIC学習する時のスタディサプリの効率的な使い方

英語初心者・初級者とひと口に言っても、ひとり一人で実際のレベルは変わるものです。

また、自分が思っている実力と実際の実力の間にも違いはあるもの。

測るのがなかなか難しい細かなレベル違いに今回は大まかですが基準を設定し、それぞれに合った学習方法について考えてみたいと思います。

中学英語も危うい…英語を忘れてしまった超初心者(TOEIC300点未満)のスタディサプリでの勉強の進め方

be動詞と一般動詞の違いははっきり分かりますか?

明確な違いと、正しい用法を答えられない方は、こちらのレベルにある方です。

スタディサプリをやる前に中学レベルの英語を復習しておく

英語の基礎の基礎をなす、大前提の動詞の違いをしっかり身につけるには、やはり中学英語の基礎から始めましょう。

ここで、中学校の頃の教科書を引っぱり出すのはやめてください。

1冊1年間の授業で使うことを前提に編まれているので独学には向いておらず、枝葉の部分も多いため、やる前から、またはやっている間に嫌になります。

薄めのものでいいので、効率的に文法に特化している市販のテキストを選んでください。

ここで気をつけたいのは、中学英語3年分を短期間で一冊で学習できると掲げたテキストです。

レベルが初中級以上の方が復習に使うのはお勧めですが、超初級者の方の自習には向きません。

「中学1年生の文法」を扱う薄目のテキストでまず、基礎の基礎をつけてください。

基礎の基礎を固めてから、いよいよスタディサプリTOEICへ!

市販のテキストをひと通り終えた時点で、英語の土台が形成され、超初心者から初心者・初級者レベルに達していますから、ここからスタディサプリTOEICへ一歩進みましょう。

土台を築いたばかりの初心者の皆さんにもってこいのコンテンツが「基礎英文法」です。


テキストと重なる内容や項目も出てきますが、それを「ああ、知っている」と飛ばすことのないように、しっかり一つひとつ勉強しましょう。

内容を覚えてしまうほどに繰り返して、基礎固めすチャンスを生かしきりましょう!

分からないまでも、英語自体に抵抗がなく、むしろ興味がある方は、「分からなくていい」前提で、関先生の講義や、その他のコンテンツの英語を聞き流すこともお勧めです。

あくまで「分からなくていい」という軽い気持ちで英語のリズムを楽しみましょう!

基礎的英語は身についている人(TOEICスコア600点未満)のスタディサプリでの勉強の進め方

すでに英語の基礎は出来ている初中級者から中級者のレベルにある皆さんは、実は英語学習ではとても大切な局面にいる方々です。

スタディサプリ「基礎英文法」でまずは実力試し!

まず、分かっているつもりで分かっていないことが意外と多いのが初中級者から中級者のレベルにいる方々です。

上の超初心者の項目で少し述べたように、少し英語が分かって来ると、まだしっかり定着していない内に「ああ、知っている」と学習がおろそかになってしまうことがあるもの。

中級者レベルに進んでから分かっているはずの内容に穴があっても気づかず、ずっと同じ間違いを続けてしまう危険性があるのです。

また、英語基礎力はしっかりついているとしても、英語に慣れていないために、いざとなるとせっかくの実力を出しきれないという方々がいるレベルでもあります。

せっかくですので、この機会に知らない内に出来ていた文法の穴を埋めて、英語のリズムに慣れ親しんでしまいましょう。

ここで登場するのが、やはりスタディサプリTOEICの「基礎英文法」です。


初中級者や増してや中級者の皆さんには、正直に言ってかなり簡単に感じる可能性があるコンテンツですが、ここでバカにしてはいけません。

まずコンテンツをひと通りやってみてください。

一度で完璧に、自信をもって全問正解出来ましたか?

もし出来ていないとしたら、間違えたポイントが、あなたの穴であり、慣れていない部分です。

埋めましょう。

慣れましょう。

今がチャンスと思って、堂々と「英語の基礎は完璧」と胸をはれるようになりましょう。

4つの主幹コンテンツに慣れよう

「基礎英文法」で英文法の基礎が完璧になった皆さんは、「TOEIC脳」を鍛える力をつけていますので、主幹コンテンツにも自信をもって進めるはずです。

スタディサプリTOEICのガイダンスに従って、学習を進めていきましょう。

同じ初中級者・中級者という範疇にあっても、人によりレベルや得意不得意は変わるものです。

「パーフェクト講義」や「パーフェクト講義(英文法)」で間違えたり、正解しても少しでもとまどいを感じた項目については、とにかく繰り返して自分の中に落とし込んでください。

スタディサプリTOEICのコンテンツに慣れるということはつまり、TOEIC Testのリズムに慣れるということ。

いわば一石二鳥なのです。

「TEPPAN英単語」についても、自分が今あるレベルや目指すレベルの英単語グループだけでなく、ひとつ下のグループの単語もマスターすることを強くお勧め。

「実戦問題集」「実戦問題集NEXT」にももちろんチャレンジすることをお勧めします。

TOEIC Testの独自のリズムに慣れ、試験を受けることへの気負いを少しでも軽減するためには相手の正体をしっかり知っておくことが大切ですね。

が、自分が受験するTOEIC Testの期日が近づいたら、ぜひ2時間かけて200問ひとまとめで解答するという「実戦」をする時間をとってください。

実戦には、別売りになりますが、紙ベースでの「実戦問題集」のテキストを購入して、文字通り本番さながら、紙の問題をめくって、マークシートを埋め込みながらの模擬試験をすることをお勧めします。

本番と同じ、ということが大切。


「自分を知る」「土台固め」「とにかく慣れる」が、初中級者・中級者レベルの皆さんに必要な3つの重要なキーワードです。

英語に自信があるレベル(TOEICスコア600点以上)のスタディサプリでの勉強の進め方

TOEICスコアが600点以上の皆さんは、中上級者~上級者のレベルにいる方々です。

けれど同じ600点以上と言っても、650点の人と950点の人では実力はかなり、大きく違うものです。

また、TOEICを何回受験したことがあるかなど、TOEIC経験値にも違いが出て来るグループです。

TOEIC 600点から799点までのグループ

スタディサプリTOEICのガイダンスに従って、主幹コンテンツの内「パーフェクト講義」「TEPPAN英単語」「パーフェクト講義(英文法)」を繰り返し学習しましょう。


全問正答するとスタディサプリTOEICは金メダルをくれますので、とにかく金メダルをたくさん集める、というゲーム感覚で獲得してください。

銀メダルや、増してや銅メダルで終えてはいけません。

初中級者や中級者レベルでも、コンテンツを繰り返して徹底的に学ぶことをお勧めしましたが、皆さんの違いは「楽しんでスムーズに出来る」ということです。

「楽しんで出来る」ことは英語学習で最も大切なことであり、さらに上のレベルへと導いてくれる鍵です。

「TEPPAN英単語」については、今自分のいる単語群から始めて中上級者としての土台固めをしてから目標とするスコアの単語群にチャレンジしましょう。

よりスムーズかつ効果的に英単語を習得できます。

もし余力があれば、現在の自分のレベルのすぐ下のレベルの単語群もおさらいしてください。

バックアップとして、単語力を後押ししてくれます。

「実戦問題集」「実戦問題集NEXT」は、TOEIC Testへの模擬試験としてももちろんですが、学習過程での実力テスト、またはトレーニングに使うことが出来るレベルにいる皆さんです。

全部で20回分の実戦問題が提供されていますので、いくつか実力テストに使っても、本番直前の模擬試験に使う分は十分に残っている・・・はずですね。

別売りですが、紙ベースでの「実戦問題集」を手に入れて、やはり本番さながらの模擬試験を体感することをお勧めします。


TOEIC 800点以上のグループ

高地トレーニングをお勧めします。

もちろん個人差はありますが、上級者から最上級者の皆さんには、高みから下を見下ろすような学習方法で自分を引き上げることが出来ます。

スタディサプリTOEICが提供するコンテンツの順序通りに学習を進めていくことも、間違いなく有効な学習方法ですが、英語学習にかけられる時間は限られているもの。

同じ時間を使うなら、徹底的にTOEIC Testの世界に浸りきって、抜け落ちている所や弱点をフォローするような学習方法で攻めていきましょう。

「実戦問題集」「実戦問題集 NEXT」を中心に据えて、繰り返しトライしましょう。

テスト20回分、4000題ありますので、たとえ全部一度やったとしても、最初の頃にやった問題は忘れてしまうものですので安心してください!

自分の裁量で決めればいいことですが、例えば5回分ほどを残しておいて、紙ベースの問題集を入手して試験直前の模擬試験として使い、後の15回分をアプリで徹底的に繰り返すのもお勧めです。

苦手な部分、スムーズに流れない部分などを「パーフェクト講義」や「パーフェクト講義(英文法)」でフォローしますが、関先生の講義はぜひ聞いてください。

TOEIC Testのスコア990点を何度もたたきだしている関先生の言葉の中から、上級者から最上級者だからこそ感じることが出来る学習へのヒントを得ることができます。

「TEPPAN英単語」についても、やはり高地トレーニングで今の自分のレベルからさらに上のレベルの単語群を中心に学習しますが、下のレベルの英単語が抜け落ちていることも意外と少なくありません。

上級者から最上級者の皆さんであれば、「TEPPAN英単語」にはするすると解答出来て時間もあまりかからないはずですので、通勤時間など正にすきま時間を利用してさくさく復習してみてください。

忘れていたり、意外と知らなかった単語に出会って、ホッとするかも知れません。

スタディサプリで本当にTOEICスコアアップするの?本当の評判

ネットで「スタディサプリENGLISH」「スタディサプリTOEIC」を検索すると、たくさんの良い評判に出会うことと思います。

では、実際のところ、スタディサプリTOEICで学習することで本当にスコアアップを図れるのでしょうか?

3ヶ月で効果あり?スタディサプリTOEIC対策コースを受けた人の体験談

事実を知るには、個人差があることは言うまでもないことですが、実践してみた人の声を聞くことが最も参考になることではないでしょうか。

実は、私自身がかつてスタディサプリTOEICで3か月間学習した結果、660点のスコアを880点までアップさせたことがあります。

元々660点を保持するだけの英語力はありましたが、中上級者から上級者のレベルにスコアをあげるのは、実は200点から440点に上げるよりハードルが高いもの。

それなりに自分の英語学習のやり方を分かってはいましたが、伸び悩みを感じて葛藤していた頃にスタディサプリTOEICでの学習を始めました。

学習で意識したポイント

まず、それまでの学習方法を一度忘れ、スタディサプリTOEICを信じて、アプリに従って学習することを大前提として決めました。

そして、以下の4点に気を配って学習を進めました

1)「パーフェクト講義」「パーフェクト講義(英文法)「TEPPAN英単語」を繰り返す

内容によっては簡単だと感じた問題や内容などもバカにせず、地道に繰り返すことで、分かっていたことを強化すると同時に、実際には分かっていなかったことを確認、穴を埋めることが出来ました。

2) 本当にほんの少しでも良いとして、すきま時間にとにかくアプリを立ち上げる

すき間時間はほんの短い時間ですので、気をつけないとすぐさまなくなってしまうものです。

最初は「すきま時間」をどう捉えればいいかとまどっていましたが、大げさに考えすぎず、時間が空いたらアプリを立ち上げて、1問でも1単語でもやってみる、と簡単に考えてからは細かな時間を拾い上げることが出来るようになりました。

3) 「実戦問題集」は時間をひとまとまりで取り、座学でやる

TOEIC Test丸ごとの2時間を取ることはなかなか難しくても、45分間(リスニングテストの時間)や、35分間(リーディングテストの約半分)を取ることは意外に出来るものです。

ひとまとまりの時間の中で、ひとまとまりの問題に座学であたる、を出来るだけ行い、また実際の試験前には紙ベースの問題集を座学で模擬試験としてやりました。

4) 間違えたら復習をする、をお約束にする

2)のすき間時間の有効利用と重なりますが、すきま時間に復習をするなど、間違えた問題については放置せず、自信を持って答えられるまで復習をしました。

新しい問題にあたるよりも、復習をして一つひとつ終えていく感覚でやっている内に、金メダルを獲得する小さな楽しさも手伝って、復習には時間をかけました。

結果として感じた効果

1) 関先生の講義に目からうろこが落ち、英語が楽しく感じるようになる

関先生の動画講義で、何が分かっていなかったのか、自分の中ではっきりしていなかったことが何かということが分かるようになりました。

自分の現状を把握することで、以後の学習にも生かすことが出来るものです。

具体的な学習内容はもちろん、英語を学習するということ自体についての見解が変わり、どんどん楽しくなっていきました。

2) 耳が慣れ英語の音になじんでいった

目的を持ってアプリを通して英語の音声を聴くことで、耳自体が意図を持って英語を拾うようになって行きました。

同時に、TOEIC Testの英語を聴くことで、TOEICで使われる英語のリズムにもアクセントにも、速度にも慣れて、引っ掛かりを感じることなく自然に耳に入るようになりました。

3) 英単語、英文にをとらえる反射神経がつく

「TEPPAN英単語」や「パーフェクト講義」のチェック問題などには、解答までの時間制限があります。

時間制限をクイズやトレーニングと捉えて楽しく繰り返すことで、リズム感が身につき、英文を聴いたり見た時に反射神経のように、英文を構成する単語や文章がすんなり頭に入って、再構成することが出来るようになりました。

4) 英語自体への興味が強くなる

スタディサプリTOEIC自体に飽きない工夫が施され、楽しく学習できるように構成されていることは先述の通りですが、学習を通して英語が分かるようになると、英語学習自体が楽しくなり、学ぶことの楽しさ、興味が強くなりました。

以上の結果から、3か月の学習を通じて220点のアップ。

あくまでも一例で個人的なものですが、自信を持ってお伝えします。

スタディサプリTOEICで学習することで、TOEIC Testのスコアはアップします。

今現在、935点のスコアを保持していますが、続けて上を目指してスタディサプリTOEICでの学習を続けています。

スタディサプリTOEIC対策コースで勉強したけど上手くいかない時の対処法

さて、スタディサプリTOEICで勉強をしているけれど、なかなか思うような結果が出ない、という方もいるのではないでしょうか。

自身がスタディサプリTOEICでの学習を通じてスコアアップを果たした経緯から、対処法をいくつかご提案したいと思います。

カリキュラム通り学習を進める

上級者レベルや最上級者レベルの方々には高地トレーニングとしてカリキュラム通りではない学習方法をお勧めしましたが、あくまでも高レベルにいる人向け。

初級者から中上級者、上級者の最初のレベルの受講者には、カリキュラム通りの学習をすることを強くお勧めします。

くり返しになりますが、スタディサプリTOEICは、リクルート社と英語教育のスペシャリスト・プロフェッショナルから構成される製作チームが、TOEIC Testを徹底的に研究・分析して作り上げたものです。

コンテンツ、カリキュラム、学習内容のすべてにおいて、最も効果的にTOEIC Testへの対策方法を提供してくれています。

自己流の学習はひとまず置いて、アプリの言う通り、カリキュラム通りに学習しましょう。

コンテンツは全て利用する

カリキュラムと同じように、コンテンツも提供されているものは全て利用します。

もちろん人によって得意不得意分野はあるため、間違えた部分の復習などを通して、結果的にコンテンツによってかける比重が変わることは十分あり得ます。

けれど、提供されているコンテンツは、製作チームが必要だと判断して微妙なバランスも考慮に入れて選び課してきているものばかりです。

必ず全て利用しましょう。

特に、「ディクテーション」「シャドーイング」「実戦問題集」は、負荷がかかりがちで避けようとする受講生が少なくありません。



今、後ろめたい思いを抱いた方がいたとしたら、伸び悩む原因が見えたのではないでしょうか?

TOEIC対策コースが難しいと感じたら「日常英会話コース」から始めてみるのもあり

英語初心者・初級者の皆さんや、初中級者でも主幹コンテンツに難しさを感じる方々には、「基礎英文法」でしっかり英語文法の基礎固めをすることをお勧めしました。

けれど、「基礎英文法」にはしっかり解答できて理解も出来るけれど、今一つ主幹コンテンツには難しさやとっつきにくさを感じるという方もいるかも知れません。

そんな方々にお勧めしたいのがスタディサプリENGLISHのコースのひとつである「日常英会話コース」です。

~スタディサプリ速報~

2019年11月末から「スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース」が新しくスタート!


新日常英会話コースは、「おもてなし英語」「海外旅行英会話」をストーリーを通して学べるので、来る東京オリンピックに向けて英語勉強をする人にピッタリです!

また、11月28日現在「新規入会特典2019年12月度のキャンペーン」が実施で、最大2,400円分のキャッシュバックが受け取れます!

7日間は無料で利用できますし、解約もネットから簡単にできるので、気になった人は実際に試してみてください。

新日常英会話コースの公式サイトはこちら⇒

※今回の記事で解説している従来の「日常英会話コース」は、今後、新規有料会員申込ができないので注意してください。

ただ、「新日常英会話コース」を申し込ことで、従来の日常英会話コースも無料で利用できますよ。

簡単に解説していきます。そもそもスタディサプリENGLISHは、「日常英会話コース」から始まりました。

1) リスニングレッスン: ドラマ仕立てで、思わず耳を傾けてしまうわくわくするような英語のストーリーをリスニング力のアップ。

リスニングの後には、クイズ形式でストーリーや会話をちゃんと理解しているかを確認できます。


2) ディクテーション: 主幹コンテンツにもあるディクテーションで英語聴き取り能力、集中力、英文構成力を鍛えることができます。


3) ビデオレッスン: 「日本人の英語」とは?を理解している一流講師による動画講義です。


4) なりきりスピーキング: 会話シミュレーション機能を使って、ストーリーの主人公になりきって会話(発話)のレッスンをしながら、発音をチェックできるコンテンツ。


日常英会話コースの料金は、月額で980円(税抜)(※新日常英会話コースは、月1,580円~)ですが、ここでグッドニュース!

スタディサプリTOEICを受講すると、もれなく日常英会話コースがついて来ます。

つまり、TOEIC対策コースで難しさを感じたあなたは、自由に日常英会話コースで学習をして、慣れて来たらいつでもTOEICの世界へ戻って来られるということです。

気軽にいろいろ試しながら、英語学習の世界を渡り歩きましょう。

スタディサプリENGLISHが展開しているコース

「日常英会話コース」をご紹介したのですから、スタディサプリENGLISHを構成している3つのコースの残りひとつについても簡単にご紹介します。

残りのひとつは、2019年7月から始まった「ビジネス英語コース」です。

ビジネスシーンで使われる英語に特化して選ばれた英語学習内容を、ドラマ仕立てのストーリーを追いながら、主人公たちと一緒に学んでいく構成です。

コンテンツは以下の通りです。

  • Lv.1 海外出張編 (目安レベル:TOEIC400点程度)
  • Lv.2 PC事業部の危機編 (目安レベル:TOEIC600点程度)
  • Lv.3 新商品開発編 (目安レベル:TOEIC730点程度)
  • Lv.4 グローバル進出編 (目安レベル:TOEIC860点以上)

それぞれに、ダウンロードして利用できるPDFの教材も用意されています。

5)「基礎英文法」

スタディサプリTOEICに含まれるコンテンツと同じものです。

どれだけ英文法の基礎固めが大切かが分かりますね。


6)「オンライン英会話」

ビジネス英語コースでインプットした内容を、実際の英会話でアウトプットして落とし込むためのコンテンツです。

利用するためには、提携先のQQ Englishへ登録する必要があり別料金がかかりますが、ネイティブスピーカーを相手に生きた会話をしてみたい受講者にはお勧めのコンテンツです。



パーソナルコーチプランなら個別のプランで学習できる

ここまで、スタディサプリTOEICの「ベーシックプラン」で最大限に学習効果を高めるための方法あれこれについてお話してきましたが、それでもどうしても学習効果があげられないという方には、もう一つのプラン、「パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

受講生ひとり一人のニーズを聞き取り、目標や現在のレベル、ライフスタイルなどを元に個別の学習カリキュラムを組んでくれます。

専属コーチがついて、学習へのアドバイスから質問への応答、スケジュール管理、モチベーションの維持まで手取り足取りでサポート。

一緒にゴールまで伴走してくれる、至れり尽くせりのプランです。

料金体系は以下の通りです。


ある一定の期間での学習プランを立ててからのスタートとなるため、単体でひと月からの受講は出来ず、3か月プログラムと6か月プログラムの2つの料金体系から選ぶことになります。

6か月という長期間でまとめて申し込むことで料金がお得になるなどのサービスもありますので、覚悟を決めてしっかり勉強したいという人にはお勧めです。

料金だけ見ると決して安いとは言えないプランですが、学習効果や習熟のスピードなどを考慮に入れて長期的に見れば検討に値するプランと言えるでしょう。

まとめ

スタディサプリTOEICについて、英語初心者・初級者の方々を主眼点に据えてみながら、全体像についてお話してきました。

英語学習者の大部分が実は初心者・初級者です。

そんな皆さんを初中級者、中級者や上級者、そして最上級者へ導く実力があるスタディサプリTOEIC。成長し続ける皆さんを支えるために、大元の親であるスタディサプリENGLISHと共に常に成長し続けています。

無料お試し期間もある、受講生に寄り添うアプリに一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?