未分類

スタディサプリTOEICで本当に結果は出るの?スコアアップ事例をできるだけ集めてみた

TOEIC攻略アプリの代名詞ともいえる「スタディサプリENGLISH TOEIC対策講座」。

コンテンツの質の高さやコストパフォーマンスの良さなど、効果があるという評判はよく耳にするとは思いますが、実際にスタディサプリTOEICを使っている人はどれくらい効果が出ているのでしょうか?

今回は受講者の実際のスコアアップ事例をご紹介するとともに、効果が出ない際の対策、オススメの勉強方法をご紹介します。

お得なキャンペーン情報もありますので、是非最後まで目を通してみてくださいね。

スタディサプリTOEICで本当に結果はでるのか?スコアアップの事例を6つ紹介

それでは早速ご紹介していきます。こちらでご紹介するのは全て「スタディサプリTOEIC ベーシックプラン」の方の結果です。

4時間を3ヶ月間で630点→740点のスコアアップという結果に

  • スコア:630点→740(+110)
  • 学習時間:3ヶ月間

参照元:スタディサプリTOEIC公式-ENGLISH CAFE

週あたりの学習時間はそれほど多くありませんが、毎日コツコツと学習を続けて結果が出た例です。

1週間の学習時間は以下の通り。

平日は通勤中のみ、休日も120分程度と負担の少ない配分になっています。

そしてスタディサプリTOEICを活用した勉強方法として、以下のような点が挙げられていました。

  • 講義動画で解き方のヒントや出題パターンを学ぶ
  • ディクテーションに真剣に取り組み、再生速度を上げても聞き取れるようにする
  • 設問の先読みや長文音読でリーディング力のアップを図る

TOEIC対策用のテクニックを身につけると共に、ディクテーションや音読で実力を底上げしている点がスコアアップの秘訣ではないでしょうか。

スコアも630740110点もアップしています。

TOEIC公式のTOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表によると、通常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができるとされるレベルCのスコアは470点以上、その1段階上のどんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地があるとされるレベルBのスコア目安は730点以上とされています。
公式が提示するレベルが1ランク上がれば、それだけ会社などでの評価も高くなると言えるでしょう。

9時間を約3ヶ月で740点→825点のスコアアップという結果に

  • スコア:740点→825(+85)
  • 学習期間:23ヶ月

参照元:スタディサプリTOEIC公式-ENGLISH CAFE

元はリスニング435点・リーディング305点から、リスニング450(+15)・リーディング375(+70)の結果になりました。

明確にリーディングが弱いと分かっていた方が、スタディサプリで苦手強化を行って見事スコアアップした事例です。

1週間の学習時間はこちら。

 

平日は通勤時間と自宅での30分、リスニングをしながらジムに行ったり模試の時間を取ったりと、無理のないペースで自分の学習ルーティンが完成されているようですね。

スコアアップのために工夫したところとして、以下のような内容が挙げられていました。

  • 「パーフェクト講義英文法編」で英文法を体系的に学んだ
  • 講義動画でTOEIC独特の出題パターンをつかんだ
  • 時間を計りながら解くことで、試験を受ける際のスピードアップトレーニングを行なった

自身の苦手分野が明確に分かっていながら、学習方法がつかめていない方にとって、スタディサプリTOEICは強力な学習ツールであると言えますね。
また、無理のない学習計画を立てることで、勉強がプレッシャーにならず継続することもできます。

すでに高スコアを保持している場合も、さらなるスコアアップにスタディサプリTOEICが活用できることがわかります。

25時間を1ヶ月で555点→705点のスコアアップという結果に

  • スコア:555点→705(+150)
  • 学習期間:1ヶ月

参照元:スタディサプリTOEIC公式-ENGLISH CAFE

スキマ時間を徹底的に活用した、まさにスタディサプリTOEICを使いこなしている事例です。

まずはこちらの週の学習時間を見てみてください。

勤務中に発生したスキマ時間や昼休み、移動時間などを余すところなく利用し、少しでも学習時間を確保しているのが伝わりますね。
土日の勉強量は目を見張るものがありますが、平日でも2時間以上を勉強に充てています。

忙しい方も参考になるところは多いのではないでしょうか。

スコアアップのコツは以下の通り。

  • 初めの2週間で単語学習と文法を徹底的に反復学習し、基礎固めをした
  • 講義動画で、市販のテキストには載っていない具体的なアプローチ方法や考え方を知れた
  • 講義動画で学んだポイントを意識しながらのディクテーションで、リスニング力が鍛えられた

復習と反復学習に力を入れたり、関講師の講義動画やディクテーションを活用したりと、スタディサプリの強みを取り込んだ学習が効果に直結したと言えますね。

その他の事例 3

アプリレビューやSNSでのスコアアップ報告をまとめてご紹介します。

1.605点→850(+245)

  • 期間:115分を約1年間
  • コツ:ディクテーションやシャドーイングに取り組む、関講師の解説動画で学習

2.540点→690(+150)

  • 期間:3ヶ月で100時間
  • コツ:スキマ時間を活用して学習を継続する

3.765点→830(+65)

  • 期間:2ヶ月
  • コツ:豊富な講義や例題をやりこむ、細切れの時間を使う

実際に使ってみてわかったスタディサプリTOEICで結果がでる5つの理由

スタディサプリが効果的・結果がきちんと出ている理由にはどんなものがあるのでしょうか。

上記のスコアアップ事例や私が実際に使っている中で、効果的だと感じる点を5点解説します。

1.単語・文法・パート対策・本番対策がまとめてできる

スタディサプリTOEICでは、TOEICに必要な英語学習をオールインワンで行えるようになっています。

  • 単語学習→TEPPAN英単語
  • 文法→パーフェクト講義英文法編、基礎英文法
  • パート別攻略→パーフェクト講義
  • 本番トレーニング→実戦問題集、実戦問題集NEXT

市販の参考書や問題集を利用しようとすると、それぞれ別のテキストを購入する必要があり、コスト面でも負担が大きいですし、一度に色々なテキストをいったりきたりするのが面倒になってしまうでしょう。

スマホアプリ一つ、月額2,980円で全てをカバーできるスタディサプリTOEICはコスト・継続性の面で大きな強みがあるといえます。

2.最短1分で1トレーニングが進められる

スキマ時間での学習を推しているスタディサプリTOEIC

例えば単語学習コンテンツの「TEPPAN英単語」は5秒以内に英単語の意味を答えるというのが10問で1セットなので、50秒以内に解き終わります。

今トライしてみたところ、30秒で達成できました。
もちろん、間違いがあったり自信がなかったりした場合は、しっかりと解説を読み暗記することが大事です。

時間がない時、急ぎ足で復習したい際は超短時間でも進められる例としてご紹介しました。

 

外出先でトイレに並んでいる間といった超短時間から、通勤通学・テレビCM・カップラーメンのお湯が沸くまでなどなど、手持ち無沙汰になる時間はたくさんあると思います。

ついSNSやメールを見てしまう前に、単語10個を覚えてみませんか。

3.初心者向けと中上級者向けそれぞれに適した方法が提示されている

英語が得意かそうでないか、TOEIC受験(問題)に慣れているか初受験かで、学習の進め方が変わってきます。

当然ながら、英語が苦手な方が突然TOEIC独特の出題傾向や文法の応用を始めると難しいですよね。モチベーションにも関わってきます。

スタディサプリTOEICでは、初級者と中上級者で勉強の進め方をアドバイスしてくれます。

まずは「パーフェクト講義」のレッスン001をチェックすることをオススメします。

【初級者向け】

【中上級者向け】

単語学習は全員ベースとして続け、初級者は文法の基礎(英文の成り立ちなど)から、英語の基礎ができている中上級者はTOEICのパート対策から入り、苦手があれば文法トレーニングに戻るのがよいでしょう。

4.ディクテーション・シャドーイングトレーニングがある

一人では学習しづらいディクテーションシャドーイングに取り組めるのも、スタディサプリTOEICの強みです。

ディクテーションとシャドーイングの効果は「リスニング力アップ」。

ディクテーションは聞こえてきた英文をそのまま書き取ることです。集中して聞くトレーニングになるため、耳が鍛えられ、細かい冠詞や助詞、語と語の繋がりなどまで分かるようになります。

シャドーイングは英文の音声から少し遅れて全く同じように発声する練習です。

音声と全く同じに言えるよう、集中して聞こうとするためリスニング力がつきます。

また、自分で声を出すことで、文章のイントネーションや単語の発音も身につきます。スピーキング力アップや語彙力強化にも役立ちます。

 

市販テキストのCDなどでこの2つのトレーニングを行おうとすると、一時停止や巻き戻しなどの繰り返しが億劫ですし、ノートやペンも必要になってくるため面倒です。

スタディサプリTOEICであれば面倒な準備も不要で、手軽に繰り返せるので、リスニングが弱い方や基礎を固めたい方にもぴったりです。

5.問題数が圧倒的に多い

スタディサプリTOEICの特徴として、収録問題数の多さがあります。

その数TOEIC20回分(実戦問題集/実戦問題集NEXT)。本番と同様の形式だけで2400問です。

TOEIC公式の問題集は試験2回分収録で3,080円、その他の出版社のものでも2回分収録で安くて1,0001,500円程度となっています。

20回分模試を市販のテキストで解こうとすると、20,000円以上かかってしまいます。

パートごとの解き方を学ぶパーフェクト講義には150レッスンあり、レッスンそれぞれに例題や演習問題がありますし、基礎英文法といった他のコンテンツもあることを考えれば、その厚みが伝わるのではないでしょうか。

スタディサプリTOEIC3ヶ月継続しても10,000円未満と考えると、そのパフォーマンスの高さが分かると思います。

スタディサプリTOEICを使っても結果が出ていない人の原因と対策

一方で、スタディサプリTOEICで結果が出ていない方は、どういった点が問題なのでしょうか?

1.目標がない

スタディサプリTOEIC利用者に限らず、TOEIC受験者全てに言えるのですが、学習を続けるモチベーションがなければスコアアップは厳しいでしょう。

「海外研修や転勤の要件を満たしたい」
「就活の強みにしたい」
「大学の単位をとりたい」
「友達と競っていて勝ちたい」

小さなことでも、自分が本当に達成したいことであればなんでも構いません。

「いつまでに」そして「何をやり遂げたいか」=「なぜTOEICのスコアを上げたいか」を今一度考えてみてください。

2.毎日学習していない

上記でご紹介したスコアアップの例のとおり、100点〜アップしている方は全員月曜日から日曜日まで毎日勉強しています。

1日30分しか時間が取れなくても、7日間行えば3時間30分ですし、1ヶ月続ければ14時間になります。

また、週に1度だけ5時間勉強するよりも、毎日コツコツ・少しずつでも学習することのほうが大切です。今日覚えたことは明日には70%以上忘れるとも言いますし、毎日反復して学習して定着させていくことが重要です。

スタディサプリTOEICは学習時間や学習継続日数がトップページに表示されます。

 

学習継続日数の自己ベストを更新するとポップアップが出てきますし、記録を途絶えさせたくない!とモチベーション維持にもつながるはずです。

3.発声が足りない

シャドーイングを始め「声を出す」勉強量が足りていない方も、スコアが伸びにくい傾向にあるように感じます。

シャドーイングで、英文1つにつき1回だけ声に出して終わっていませんか?

本当に1回言っただけで例文を完璧にコピーできているでしょうか?

長い単語がはっきりと言えているか、抑揚がつけられているか、助詞など短い語がどれくらい発声されているか、リンキング(語と語を繋ぐこと)ができているかなど、完コピしようと思うと1度では足りないと思います。

最低でも5回、できれば10回は繰り返して練習し、文末まではっきりとコピーできるようになりましょう。

また、暗記や学習は五感や体の機能をなるべくたくさん使うことが有効です。

声に出すことで、「目」で読んで「耳」で聞いて「口」で声に出してそれを「耳」で聞くことになります。
発声という能動的な活動を行うことで、見るだけ・聞くだけに比べて脳へ刺激を与えることにもなります。

スタディサプリTOEICのシャドーイングはシンプルで繰り返し学習しやすいので、ぜひめいっぱい活用してみてください。

スタディサプリTOEICでより早く結果を出したいならテキストや他アプリの併用がおすすめ

スタディサプリTOEIC ベーシックプランのみでも十分に学習することはできますが、結果を早く出したいのなら他のツールを補助的に使うこともおすすめです。

1.スタディサプリTOEICのテキスト

スタディサプリTOEICのコンテンツである「パーフェクト講義」と「実戦問題集/実戦問題集NEXT」は内容はそのままにテキスト化して販売されています。

「パーフェクト講義」のテキストは関講師の講義が文章・図でまとめてある点が特徴。

動画講義を見る際にテキストにメモを書くなどして、自分だけのノートを作ることも可能です。

「実戦問題集/実戦問題集NEXT」は、本番同様の模試形式で問題を解くことができます。

アプリでは数問ずつ区切られているので、このテキストを使って本番直前に時間を計りながら練習したり、200問を続けて解くことに慣れたりするのに大変有効です。

2.スタディサプリ以外の英語学習アプリ

スタディサプリTOEIC以外にも、様々な英語学習アプリがリリースされています。

無料のものも多いので、スタディサプリTOEICでは合わない部分や物足りない部分を補って学習するのもオススメです。

私は単語力をもっと鍛えたいので「mikan」というアプリを併用しています。

過去にTOEIC対策にぴったりのアプリをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【令和最新版】おすすめTOEICアプリ6選を930点ホルダーが徹底紹介!

スタディサプリTOEICで短期間でハイスコアの結果を狙うならパーソナルコーチプランを活用しましょう

スタディサプリTOEICにはベーシックプランの他に「パーソナルコーチプラン」というものがあります。

パーソナルコーチプランは、受講者一人ひとりに専任のコーチが付きます。

コーチによる学習計画や課題出題、チャットや電話でのカウンセリングなどによって、受講者の目標スコア達成に向けて細やかなサービスが受けられます。

以下のような内容が含まれます。

  • 受講者のレベルにあった週単位の学習プラン
  • チャットによる日々の学習管理・学習アドバイス
  • 定期的な実力チェック
  • 音声通話のカウンセリング
  • パーフェクト講義テキスト4冊・実戦問題集テキスト4
  • ベーシックプランアカウント
  • 修了後にベーシックプラン12ヶ月無料

3ヶ月プログラムで68,000円、6ヶ月プログラムで98,000円と高額ですが、オーダーメイドの計画に沿って勉強できると考えれば、通学タイプの英会話スクールに通うよりも経済的ともいえます。

ハイスコア・短期間の大幅アップを狙う方の他に、一人でコツコツ進めるのが苦手な方や何から始めたらいいかわからない方にもぴったりです。

スタディサプリTOEICのキャンペーン情報

最後にスタディサプリTOEICの最新キャンペーン情報をご紹介します。

ベーシックプランのキャンペーン

ベーシックプランでは、6ヶ月パックまたは12ヶ月パック継続プラン契約の受講者に対して、キャッシュバックキャンペーンを行なっています。

パーソナルコーチプランのキャンペーン

パーソナルコーチプランも同様に、キャッシュバックキャンペーンを行なっています。

 

テキストキャンペーン

さらに、年末セールとしてテキスト8冊が4,000円オフのセールを開催中です。

  • パーフェクト講義 4
  • パーフェクト講義英文法 2
  • 実戦問題集 2

こちらは滅多に行われていないセールですので、テキスト購入を迷っている方はぜひこの機会に購入してはいかがでしょうか。

まとめ

スコアアップ事例やスタディサプリTOEICをどう使いこなしているか、参考になりましたでしょうか。

どの事例でも言えることは「スタディサプリTOEICの提供するコンテンツをしっかり使いこなし、短時間でも毎日続けること」です。

アプリを使っているがなかなかスコアが伸びない…という方は、

  • 目標を立てる・見直す
  • 毎日継続する
  • 声に出す勉強に力を入れる

3点を一度見直してみてくださいね。

少しでもアプリ活用、そして成績アップの力添えになれれば嬉しいです。