パパママ大作戦

教員養成校サポート大作戦はこちら!!

学校建設の必要性

カンボジアには、今にも壊れそうな校舎や青空教室で勉強している子どもたちがいます。校長先生や先生たちが一生懸命頑張っているところは、年々生徒数が増え、教室が足りずに、80人近い生徒で1クラスだったり、大きな部屋を2つに分けて使ったりしています。

ポルポト時代にたくさんの先生たちが殺され、学校もなく、学校に通えず、働かざるをえない状況だった頃、文字の読み書きができない人たちがほとんどでした。

でも、今の親たちは、読み書きが出来る人が増えてきました。

だからこそ、子どもたちをしっかりと学校に通わせたい。教育を受けさせたい。自分の国の言葉の読み書きや算数が出来るようにと、今まで以上に教育に対して考える親たちが増えてきました。

また、カンボジアも発展に伴い、首都プノンペンでは、仕事をする際に、高校卒業の証明書など必要になってきています。

学校に通えること。安心して勉強できる教室で先生や友達と一緒に勉強できることは、成長していく過程で、とても大切なことで幸せなことなのです。

カンボジアの先生のお給料は、月40$~70$くらいです。先生たちにも守るべき家族がいます。労働者の最低賃金は月給80$ですが、それよりも安いお給料で家族の生活を支えていくのは本当に大変です。

でも、目の前にいる、毎日学校に来て頑張っている子どもたちに、少しでも素敵な将来になるよう、一生懸命教えてくれているのです。

そんな先生たちや校長先生、子どもたちの願いを一緒に叶えてあげたいと思います。

どんなところに学校建設をするのか

もともと既に公立小学校・中学校として、運営が行われている場所で、廃校になっている校舎や倒壊の恐れがあって壊した校舎があったり、子どもたちの増加に伴い教室が足りないところに学校建設をします。

また、校長先生をはじめ、先生たちの頑張りも確認します。各教室を見ると、いろいろな教材を工夫している先生や飾りをきれいに作っているクラスなどあります。

そのほか、学校によっては、ごみだらけだったりもしますので、校庭をきれいに掃除しているかなども確認します。

残念なことに、お願いすれば学校を作ってもらえると思っている学校があるのも事実です。

でも、私たちは、一緒に頑張りたいのです。

ですので、学校の調査はとても厳しく行いますが、未来あるカンボジアの子どもたちのために頑張ろうとしている想いのある学校を先生たちを探しています。

学校建設の流れ

1
学校から依頼書が届く
2
実際に私達が現場へ行き、校舎などの調査と先生とのミーティングを行います。
3
支援者さん決定後、建設スタート。
4
完成するまで、随時建設の様子をレポートでお伝えします。
5
校舎完成。
6
落成式を学校の先生や子どもたち、村の人たちや大臣たちと行います。

学校建設費用

4教室 約570万円 5教室 約670万円
6教室 約770万円 図書館 約250万円

※為替レートにより変動がありますこと、ご理解下さいませ。

お振込み先

振込先

  • 郵便振替口座
  • 口座番号 01600-2-130787
  • 口座名称 カンボジア学校建設

※ 他の金融機関(一部を除く)から郵便振替口座へのお振込の際は、以下4点をご指定ください。

店名
一六九店 (イチロクキュウ店)
預金種目
当座
口座番号
0130787
受取人名
カンボジアガツコウケンセツ

募金額は、1円~いくらからでも受けつけております。皆さまからの温かな応援をどうぞよろしくお願いいたします。

団体・企業様へ

学校建設をお考えの企業担当者様、こちらから担当まで直接お問い合わせ下さい。

校舎にお名前が入ります。

カンボジアの子どもたちの将来のためにお力を貸して下さった方の中から、10万円以上応援いただいた方のお名前を学校校舎や石碑にお名前などをお入れすることができます。

一緒に学校建設を手伝いませんか?

校舎のペンキ塗りなどカンボジアの職人さんたちと一緒に学校建設を手伝うことができます。どうぞ、お問い合わせ下さいませ♪

過去の学校建設実績

2006年
プレイクラン村に学校を建設し、開校式を実施
2010年
公立小学校1校建設、プレイクラン村の学校改築

2011年
公立小学校1校建設

2012年
公立小学校2校を建設

  • 学校建設大作戦
  • 学校建設地
  • 学校建設費用
  • お振込み先
  • 過去の学校建設実績
  • 教員養成校サポート

学校建設大作戦活動報告ブログ

学校建設大作戦へのお問い合わせ