くっくま孤児院

名前の由来

CCMHA孤児院

(Cambodia's Children Make the heaven Association)

通称 くっくま孤児院

2011年1月より、くっくま孤児院の運営をMake the heaven がスタートしたので、CLCA孤児院から名前を変更。 CCMHAを無理やり日本語で読むと、
CC=くっく MHA=ま  ということで、くっくま!!!笑
くっくまの名前の通り、孤児院のイメージキャラクターは、くま♪♪♪

くっくまファミリー大募集!

サポートの方法

2005年カンボジア事務所を設立し、NCCLA孤児院と出逢った頃から、そこで子どもたちに踊りを教えていた踊りの先生たちを私たちは知っていました。

踊りの先生たちも孤児院育ちで、そこで学んだカンボジアの伝統舞踊や演奏を仕事として頑張っていました。

踊りの先生たちは、自分たちが生活しているCLCA孤児院の子どもたちを自分たちの力で育て、子どもたちにご飯を食べさせ、学校に通わせていました。

しかし、2010年9月に、どう頑張っても先生たちの力だけでは、子どもたちの世話をしていくことが難しくなりました。

そこで、子どもたちを田舎に帰すか、他の孤児院に預けるか、先生たちは苦渋の選択をしている時でした。

2010年8月のジャパンツアーで、踊りの先生たちは、バサックスラムの子どもたちが日本へ行って、素敵な踊りを披露するために、本当に本当に一生懸命教えてくれました。

そこで、私たちカンボジアチームは、踊りの先生たちの頑張りを応援したい、素直で元気いっぱいな子どもたちを応援したいと想い、CLCA孤児院をMAKE THE HEAVENの孤児院として、運営していくことを決めました。

生活しているのはどんな子どもたち? >>>

ページの先頭へ

  • くっくま孤児院
  • くっくまファミリー大募集
  • どんな子どもたち?
  • 子どもたち紹介
  • スタッフ紹介
  • 毎日の支援内容
  • くっくまツアー

くっくま孤児院支援報告ブログ

くっくま孤児院へのお問い合わせ