パパママ大作戦

バサックスラム

私たちが大好きな子どもたちが生活しているバサックスラム。

2006年6月に強制移住となり、現在は、プノンペン市内から車で約1時間のところに住んでいます。

支援しているのは、ソカーママとヒィヤップパパが30人の子どもたちの面倒をみている場所です。子どもたちは、カンボジアの伝統舞踊の練習をしていて(最近はDJダンスの練習も始めました)時々お寺や他の場所で踊って、自分たちの生活費を稼いでいます。でも、それだけでは生活することが難しいので、お米などの食糧支援を毎月行っています。

また、子どもたちが生活している場所で、寺子屋も行っており、その運営の支援も行っています。そこでは週2回、日本人の先生がボランティアで日本語を教えています。
「こんにちは!!!お元気ですか?」と、いつも元気一杯に子どもたちは挨拶してくれます。

ここに来る前は、靴磨きをしていたり、ごみを拾っていたりとストリートチルドレンの子どもたちもいました。でも、その子どもたちを、ヒィヤップパパが「ここでみんなで生活しよう。」って連れてきたのです。
いろんな理由がある子どもたち。でも、今は、キラキラの笑顔で毎日生活しています。今を、一生懸命生きています。みんなで助け合って生活しています。

大好きな子どもたちがいるバサックスラム。頑張っている大人たちがいるバサックスラム。 私たちは、これからもバサックスラムのみんなと一緒に頑張っていこうと思います。

米米マン・おかずマン

バサックスラムの子どもたちに「毎月おなかいっぱいご飯をたべてもらいたい!」そんな想いから毎月のおコメ代とおかず代を応援してくれる『米米マン・おかずマン』を募集しています。皆様の応援をよろしくお願いいたします!

子どもたちに毎月おなかいっぱいご飯を食べさせてあげたい!!

ページの先頭へ

  • バサックスラム
  • バサックファミリー
  • 米米マン・おかずマン

バサックスラム支援報告ブログ

バサックに関するお問い合わせ